キックボクシングのステップについて解説させていただきます!

BLOG

こんにちは!マネージャーの能見です。

今日も良い天気ですね。

ただ花粉症が本当に辛いです😭

 

最近は男性の会員様も多くいらっしゃって盛り上がってきております✨

楽しく練習して皆様でレベルアップしていきましょう。

新宿でキックボクシングジムをお探しの方、新宿レフティージムに是非いらしてください。

丁寧に上達できるように指導させていただいております。

 

そして前回基本の構えについて書かせていただいて好評だったので今回はステップについて書いてみたいと思います。

前回の構えの記事についてはこちら↓↓↓

キックボクシング、まず大切なのは構えです、解説します!初心者のうちから意識しましょう!

ジムに行って、構えの次に習うのがこの基本のステップですね。ステップもとても重要です。

ステップが悪いとバランスを崩してしまって、攻撃を安定して打てなくなってしまったり、相手の攻撃をディフェンスできなくなってしまいます。

それでは詳細を書いていこうと思います。

ステップの重要性について

ステップとはなんでしょう。移動ですね。

ステップしなければ相手との距離を縮めて攻撃することも、相手の攻撃から距離を取ることもできません。

この移動の速さで慣性を働かせ攻撃力にも繋がり、攻撃した後に瞬時に戻ることによってディフェンス力にも繋がります。

 

初心者のうちはとにかく移動の後に横幅が狭くなってしまうことが多いので注意しましょう。

移動したら基本の構え。

これを意識することでディフェンスや攻撃などの動作が飛躍的に早くなり、安定感が強くなります。

いわゆる、強い人、上手い人というのはこれを意識して徹底的に体に染み込ませているものです。

ちょっとずつちょっとずつ、自身の動作を確認して修正して行くことによって無駄がなくなり上達していきます。

万里は1日にしてならず。

毎日の積み重ねが一番大切です。

自分の動きをスマホのカメラで動画を撮ってみてみてください。

気になれば修正していくことがとても重要ですね。

ステップの種類

ステップにも種類があります。

前足から歩いて前に体重移動するものと、後ろ足で地面を蹴って前に低く飛ぶようにステップする2パターンがあります。

前足から歩くことで体重は前に残しづらいですが、その後に利き足のキックが蹴りやすい距離においてあり、威力のある蹴りにつなぐことができます。

逆に後ろ足で地面を蹴って前に進むステップは必然的に後ろ足も前に連れてくるので、体重を前に残すことができます。

長いキックではなく、パンチが得意な人はこちらのステップを意識すると良いかと思います。

 

上達すると円を描くように斜めに踏み込むステップも取り入れていきましょう。

最初の基礎ができていないとこのようなステップをした時にバランスを崩してしまうので注意してください。

あくまで基礎のステップができるようになってからがおすすめです。

 

前に踏み込むステップだけでなく、後ろに進むバックステップや、横に移動するサイドステップも練習しましょう。

出入りが早ければ自分だけが攻撃して、相手の打ち返しがくる前にすぐに逃げることもできます。

サイドステップができて、相手の横に入ってしまえば相手の攻撃をほとんど受けない位置取りもできます。

しっかりと反復して身につけていきましょうね。

ステップトレーニングは

ステップを早くしたいという方にはラダートレーニングだったり、前後ジャンプ、反復横跳び、クラウチングスタートなどがお勧めです。

初動の瞬発力をアップさせることによりステップワークや出入りが飛躍的に速くなります。

実際のステップをする時にもとにかく早く移動しよう、最速で移動することがまたステップの速さを成長させます。

 

足の筋力が弱いと切り返しなどの運動ができないので、しっかりと足を鍛えましょう。

レッグプレスやスクワットなどもお勧めですよ。

通常のレッスン体験やキャンペーン等!

通常の会員様も随時募集しております😊

3月は入会金無料+グローブをプレゼントの新春キャンペーンです♪

とってもお得なキャンペーンです。

体験レッスン随時承っております。

体験レッスンは2200円ですがご入会でご返金致します。

スケジュールはこちら

ご予約はLINEもしくは下記フォーム・お電話(03-3225-7070)から!

※レッスン中はお電話に出られない場合がございます。下記フォームかLINEからがおすすめです。

※現在レッスン中はマスク着用となります。

友だち追加

 

 

関連記事