キックボクシングでスパーリングをしたい方は、その前に受け返しでディフェンスを!

BLOG

こんにちは!マネージャーの能見です✨

今日は気持ちが良すぎる快晴ですね。

 

蔓延防止措置などあってなかなか外食などもできませんね。早く気軽に楽しくお出かけしたいものです。

ジムの方はちょっとずつ活気が戻ってきて、皆んなで楽しく練習をしております。

最近はマススパーリングなどをしてみたいという方も増えてきて、みんなで一緒に練習していますよ😊

マススパーはしたいけど、恐い!っていう方もレフティージムでは基本の導入として、ディフェンスを覚えるための受け返しをしっかりと行っております✨しっかりとステップして上達していきましょうね!

この受け返しをしないとスパーリングをしてもディフェンスを知らずにどうしていいかわからないまま終わってしまうので、しっかりと受け返しで対人の基礎を身につけましょう❗️

マススパーと受け返しって何!?

そもそもマススパーと受け返しって何?っていう人もキックボクシングをやったことがない方にはいらっしゃるでしょう。

しっかりと解説させていただきます。

まずスパーリングについてです。

スパーリングとは試合形式で行われる実戦練習のことです。

プロの試合と違うところは、脛当てやヘッドギアやグローブの大きい物で行うところです。

プロでも練習の時は防具を着用します。素足やちっちゃいグローブでは技術習得の前に怪我をしてしまうからですね。

スパーリングにも強度があります。

普通にスパーリングと言われているものは基本的に全力で戦うことを表します。

寸止めや当たっても痛くない強さでの戦いはマススパーリングと言われています。

当たっても痛くないと言っても初めての方にはそれでも充分恐いと言えるでしょう。

痛くないとはいえ普段顔を殴られたり、お腹や足を蹴られたりはしていないでしょうから。

 

そしてスパーリングをする前に、レフティージムでは受け返しをすることを推奨しています。

受け返しは約束の組み手のようなものです。

予めルールを決めて、

『ジャブを一回交代で打つ』『パンチを一回交代で打つ』『パンチと蹴りで一回交代で打つ』

等、予め決めたルールの中で技術習得を目的として行う対人練習です。

受け返しのメリットとは

まず受け返しをすることでしっかりとディフェンスを覚えることができます。

いきなりマススパーリングなどを行って、ワンツーフック等が飛んできてもそもそもディフェンスを知らなければ、逃げたり、背を向けたりというくらいしかディフェンスができませんね。

初心者は一発ずつ一つの技を受け返ししていくことによって、しっかりとした基本のディフェンスを身につけていけるのです。

ディフェンスを仕方を覚えただけではスピードのある攻撃はディフェンスすることはできません。

日頃から受け返しでスピードを上げて、しっかりと反復練習することで眼が慣れて動体視力が上がり攻撃が見えるようになったり、タイミングが取れるようになったり染み付いてくるのです。

ディフェンスだけじゃなくて、攻撃もフォームをチェックしたり、打たない方のガードが上がっているか、バランスを崩していないかなどチェックすると上達が早くなります。

約束の練習でバランスやガードを崩しているようでは、実戦練習のスパーリングではうまくできるはずはないので、しっかりとここから意識して練習していくことが上達の肝ですね✨☺️

スパーリングだけしていれば強くなるよとおっしゃる方もいますが、怪我をしてしまっては結果遠回りになってしまいますし、ダメージを溜めてしまって良いことなど1つもありません。

怪我のリスクがスパーリングに比べて飛躍的に低いこともメリットの一つです。

練習方法として

練習方法としてまずは1つの技を1回交代などで行っていきましょう。

できるようになってきたら、パンチの種類を増やしてみたり、キックを導入してみたりと技のバリエーションを増やしてより実戦に近づけていくことが重要です。

※できないうちに焦って技を増やしても悪い癖が身についたり、苦手意識がついてしまうので焦らず1つずつクリアしていきましょう。

1発交代で攻撃をもらわなくなったら、次は二発のコンビネーション。三発のコンビネーション。四発のコンビネーションと増やしていくと良いですね。

初心者のうちはパンチからキックなどのコンビネーションをよくもらってしまうので、目を瞑らず、しっかりとしたディフェンスができるようになると良いですね。

コツなどはジムで聞いてくださいね😊

やはりディフェンスだけに意識している受け返しでできない方が、自分も攻撃している時に攻撃が飛んでくるスパーリングでディフェンスをするのは難しいでしょう。

しっかりと日頃から苦手なものを意識して、対応できるようにしておくことが上達のポイントです‼️

最後に

私はプロになってからも相手が決まるとこの受け返しをメインに練習をしていました。

対戦相手の情報がある場合は相手に似たスタイルの方に、これこれをお願いします。と言って実際に打ってもらうと次に何がくるのかや、どうガードしたらより安全か。どんな技が返しやすくて、どんな技が当てやすいかなど、分析がしやすいからです。

実際の相手よりスピードやパワーがある相手などが見つかれば最高ですね。

仮想の練習を何度も反復でよくしていたものです。

 

何が言いたいかと言いますと、受け返しはマススパーリング前の導入にとても向いていますし、大切な練習ですが、上達したからと言ってしないでいいような練習ではありません。

選手ほど、少しの基礎の高さが勝敗を分けるものです。

こういった反復練習を行なっていくことで基礎を高めて、ちょっとでも速く相手に攻撃を当てられるように。

相手の攻撃を絶対に貰わないようにと練習していくことで勝負強くなっていくものです。

しっかり繰り返し、積み重ねていきましょう!

 

どうですか、緒にレフティージムで練習しませんか😊✨

本日も皆様のご来館をお待ちしております‼️

体験レッスンも行ってます。

下記からお気軽にお問い合わせください♬

体験やキャンペーン等!

4月は入会金無料+グローブ+バンテージをプレゼントの新春キャンペーンです♪

とってもお得なキャンペーンです。

体験レッスン随時承っております。

体験レッスンは2200円ですがご入会でご返金致します。

スケジュールはこちら

ご予約はLINEもしくは下記フォーム・お電話(03-3225-7070)から!

※レッスン中はお電話に出られない場合がございます。下記フォームかラインからがおすすめです。

※現在レッスン中はマスク着用となります。

友だち追加

 

 

関連記事